福井の結婚式~引出物~

7.22.2018

 
 
引出物は結婚式に招待されたゲストの楽しみの一つ
 

結婚式に招待されるゲストの楽しみの一つと言えば、お土産として渡される引出物です。

新郎新婦の思いや気遣いが込められた品物は、家に帰ってからも思い出に浸ることができる最高のお返しとなっています!

もともとは結婚式で出された食事の残りなどをゲストがお土産として家に持ち帰るという習慣が変化したもので、現代ではゲストへのお礼を兼ねた記念品として役割が大きくなっています。

 

 

引出物の内容は、ゲストの年齢層や性別、ご祝儀の額に合わせるケースも

 

ゲスト全員へ同じ品物をお配りすることも多いですが、近年ではゲストの年齢層や性別、ご祝儀の額などに合わせて内容を変えるというケースも多くなっています。

全国的には、引出物と言われる品物と引菓子のセットが一般的です。

品物はゲスト1人に対して2~3品程度贈るケースが多く、これにプラスして1,000~2,000円程度の引菓子を添えることになります。

 

さらに鰹節などの縁起物を一緒に贈ることもあり、結婚式ごとに様々な内容が考えられます。

引菓子としては、「年輪を重ねることが結婚生活を末永く続けていく」ことを連想させるということで、バームクーヘンが選ばれることも多いです。

このように贈る品物の内容は決まったルールというものはあまりなく、基本的には新郎新婦が自由に内容を決めて組み合わせることができます。

 

 
引出物の内容は地域性が大きく影響するのでしっかり確認を!

 

しかし結婚式というのは挙げる場所によって地域性が大きく影響するものであり、これは引出物の内容についても同じことが言えます。

地域によって常識とされる習わしや特徴も異なるので、結婚式を挙げる場合は両親や親族によく確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

福井の結婚式は豪華!しっかり結婚資金の準備をしておきましょう
 

福井県を含む北陸地方では、他の地域と比べても結婚式が大掛かりで豪華な傾向にあるようです。

全国的な平均だとゲストの数は60~70名といったところですが、福井の場合は100名前後の大人数を招待することも珍しくありません。

他の地域ではあまり招待しないような遠い親族まで招待することも多く、一族をできるだけ多く招いて両家の結び付きを深く強固にしようという傾向があります。

 

このため福井には100人以上が参加できるような大型の式場が数多く存在しており、実際にそういった式場の利用率も高くなっています。

北陸地方で見ても福井県には比較的裕福な家庭が多く、より豪華で盛大な結婚式を好むとされています。

 

こういった背景から、福井で結婚式を挙げる場合は結納から挙式、ゲストへのお土産まで様々な場面で高額の費用が必要になるとされています。

福井の中心部や市街地には高級なホテルやゲストハウスなどが多くあり、こういった式場の人気が高いため余裕を持って結婚資金を準備しておくことが大切です。

 

 

引出物の内容は必ず両親に確認をしましょう

 

福井の場合、結婚式が豪華というだけでなくゲストへ贈る品物の内容も他の地域とは一味違っています。式が終わった後に持って帰るのも大変だと言われるほど品数が多く、ボリューム満点の内容で多ければ多いほど良いとされる傾向があります。

 

全国的な平均で見るとだいたい一人当たり2~3品というのが相場ですが、福井では出席してもらう親族に対しては特に力を入れて7品程度準備されることがほとんどです。

中には他の地域と同じように5品ほどにしている新郎新婦もいますが、福井の場合は5品だと包んだご祝儀に対して少なすぎると感じてしまう親族が多く、後々余計なトラブルになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

親族間では、互いに子供たちの結婚式に参加しあっているうちに暗黙のルールのようなものが出来上がるので、両親に恥をかかせないためにも新郎新婦だけで内容を勝手に決めず必ず両親に確認しておくようにしましょう。

5品だと、表立って文句を言われなかったとしても節約したんだなと白い目で見られることもあるので注意しておきましょう。

 

 

引出物としてよく包まれるもの

 

福井の引出物としてよく包まれるのは、まず縁起ものである鰹節に赤飯、紅白饅頭に一般の引菓子に当たる洋菓子、かまぼこの他に陶器などの記念品となっています。

これに加えて、その地域特産の名物などが入れられ、全部で7品入っていることになります。

 

これら全てを合わせると、予算はだいたい10,000~15,000円ほどになります。

全国の引き出物にかける相場は約6,500円程度と言われているので、福井がいかにお金をかけているかが窺えます。

もちろん包む品物によって値段にも差があり、中にはかまぼこだけで10,000円を超えるようなケースもあります。

全ての品物を入れると入れ物の袋が2つになることもあり、他県から出席した人には驚かれてしまうこともあるほどです。

 

これだけ十分な量を揃えるため当然価格も高くなり、親族や上司など特に入念に準備する品物の場合は一人につき5万円程度、友人であっても2万円程必要になることもあります。

もちろん高ければ良いというものではなく、福井ではどちらかというと質より量を重視する傾向があるので、鰹節などはブランド物や名店の品でなく中身が安くても包装を目立つようにしてボリュームアップさせれば十分に満足してもらえます。

 

 

県外から出席された方には、自宅あてに別途配送など心配りを

 

このように品物の数やボリュームが多いため、県外から出席された方は持って帰るのが本当に大変なこともあります。

宿泊や電車での移動が必要な場合は、持ち歩く必要が無いように自宅宛に別途配送してあげるなどの心配りをすると喜んでもらえます。

 

この場合は、福井を出発して自宅へ着いた翌日あたりに届くように配慮しましょう。

季節によっては赤飯など賞味期限が短いことや傷んでしまう心配もあるので、できるだけ保管状態の良い宅配便を利用したほうが安心です。

 

福井でよく利用される品物の中に紅白饅頭がありますが、これは非常に珍しく他の地域ではあまり見かけない物です。

紅白饅頭そのものは全国的にお祝い事の際によく用いられるものですが、これを結婚式の引出物として用いる地域はあまり多くありません。

福井では古くから結婚式を最もおめでたい祝い事として大切にしているので、紅白饅頭でめでたさを表現するというのが欠かせない習慣となっているのです。

鰹節などと合わせ、近年では引出物にこういった縁起物を加えることが少なくなってきましたが、古くから地域に根差す風習を続けていくというのは非常に大切なことです。

 

 

近年では、カタログギフトを贈ることが主流

 

数を減らしてコストを節約することも大切ですが、多くの人に気持ち良く祝福してもらうためにもその地域の風習に出来るだけ沿って準備するということを忘れないようにしましょう。

近年では食器などの記念品に替わってカタログギフトを贈ることが主流になっていますが、福井でも同じくカタログギフトを選択する新郎新婦が増えてきています。

 

少しでも荷物をコンパクトにすることに加え、ゲストが少しでも自分の必要な品物を選べるようにとの配慮から来ており若い世代のゲストを中心に喜ばれています。

遠方から出席している人などは、重たい食器より選んだらすぐに処分することができるカタログギフトの方を喜ぶということもあって重宝されています。

 

福井の場合も、メインの記念品だけをカタログにして他の縁起物や引菓子などはそのままふんだんに準備するというスタイルが普及しつつあります。

高齢の方などはカタログでは味気ないと言って嫌うこともあるので、その場合は臨機応変に贈り分けをすると良いでしょう。

結婚式の準備を進めるのは大変ですが、ゲスト一人一人を重い浮かべながら、喜んでいただけるような内容の引出物にすることが大切です。

 

 

 

ウェディングナビ カリヨン福井

OPEN>>>10:00-19:00

CLOSE>>>毎週水曜日

お問合せはこちらから

 

フェイスブック & インスタグラムも更新中✨

フェイスブック>>>こちらから

式場・プロデュース>>>📷

プレシャスフォトウェディング>>>📷

 フォーマルドレス>>>📷

 

 

Please reload

Please reload

アーカイブ
新着記事
Please reload

カリヨン福井,Carillon,ウェディングギャラリー,福井県福井市西開発,福井,結婚式場紹介所,結婚式場,紹介,オリジナルウェディング

ウェディングナビ カリヨン福井

〒910-0843 福井県福井市西開発3丁目314
定休日/火・水曜日(祝日は営業)

営業時間/10:00~19:00

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

フォーマルドレス

  • Instagram - carillon.photo_fukui

プレシャスフォトウェディング

  • Instagram - carillon.fukui.wedding

式場紹介&

プロデュース