ジューンブライド♡“6月に結婚したふたりは幸せになれる”


6月の挙式は人気ですか?とお客様から聞かれることがあります。

「6月の花嫁」「6月の結婚」を意味する ジューンブライド


聞いたことがある方も多いでしょう。

生涯幸せに暮らすことができる、という素敵な言い伝えがあります。



なぜ6月の結婚が幸せになれると言われているのか、

その理由をご存知でしょうか?


元々は海外が起源であるジューンブライド。

その由来に3つの説があります。



1  神話の女神に由来

ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「JUNO」が守護する月が6月(June)であることから、6月が縁起が良いとされています。

女性や子供、家庭の守護神のJUNOの加護を受けて、幸せに暮らせるといわれています。



2 結婚が解禁になる月

3~5月の農作業が大忙しだったため、昔はその期間での結婚式が禁じられていました。

解禁された直後の6月に結婚する方が多かったのです。



3 結婚式に最適の時季

ハワイやヨーロッパでは乾季に入っている地域が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節となります。

日本では梅雨入りの時季ですが、海外では天気に恵まれた月です。

今後海外ウェディングを考えているおふたりにとって、最高のシーズンとなります。



このような海外のジューンブライド文化が、日本でも広まりました。


日本では梅雨が入り、結婚式の日に雨が降る可能性が高い6月ですが「雨降って地固まる」ということわざも、日本人らしい考え方で素敵ですね!



\JUNE Bride キャンペーン実施中/

6月中に相談来店の方限定です!


☆☆☆


カリヨンでのご相談は無料です。


HP予約フォーム・お電話・メール・LINE・Instagram DM等、来店予約受け付けております。


☆☆☆



カリヨン福井

ウェディングプランナー

新着記事
アーカイブ